仁川大学校

Utilities menu

GNB

 
홈 > 大学 > 生命科学技術大学

生命科学技術大学

生命科学技術大学は生命科学科と分子の生命、生命工学、ナノバイオに構成された。

紹介

21世紀の生物産業は国家競争力を決定する主要産業分野として注目されている。 地域内の医薬および生物分野関連産業体が多く該当分野に進出できる専門人力養成が必要であるが, 基礎科学である生物学にのみ基盤を置く人力養成は国家競争力向上に寄与するのに限界がある。 したがって、バイオを基盤とするナノ技術(N)、 情報技術(I)などの関連学科を一単科大学に配置することで相互依存的に結合する技術融合を通じて、新産業を創出するのみでなく技術、 製品、 サービスをお互いに融合し新しい付加価値を生産しようとする。
生命科学技術大学は生命工学部(生命工学専攻, 分子医生命専攻)と生命工学部(生命工学専攻, ナノバイオ専攻)から構成されている。

沿革

2012.03.02
  • 生命科学技術大学 新設
  • 生命科学部(生命科学専攻, 分子医生命専攻),
  • 生命工学部(生命工学専攻, ナノバイオ専攻)

教育目的および目標

人格形成に必要な教養教育で知性人としての教養と人格を具え、その土台の上に生命工学技術教育を通じて、探求力、 独創力、 分析力、 解釈および応用力を培養し、これを国家や社会、 また人類の福祉のため奉仕することのできる職業人、 学者として育成することに目標を置く。

지역의 인재를 창의적인 세계의 인재로 키우는 대학!