仁川大学校

Utilities menu

GNB

 
홈 > 大学 > 都市科学大学 > 都市建設工学専攻

都市科学大学

都市科学大学は都市行政学科と都市環境工学部(建設環境工学専攻、環境工学専攻、都市建設工学専攻)、
都市建築学部(建築学専攻、建築工学専攻、都市設計専攻)で構成された。

電話番号
: 032-835-8470,8925/8974,8980
FAX
: 032-835-0776/4387,4938
位置
: 工科大学 475 / MB 556-B
ホームページ
: ucv_eng

紹介

都市は社会/文化的な 要素である市民(citizen)と活動(activity)、物理的要素である土地(land)および施設(facility)で構成され、これらは密着した相互関係で都市を構成し、ひとつの体系(system)を形成し、都市は跳躍/停滞/衰退の循環過程を通じて発展する。このような過程でさまざまな都市問題(人口過密、交通停滞、都心の空洞化、 地域断絶、社会的病理現象など)を随伴し、これを解決するためには総合的な接近方法が要求される。

現代の都市問題を解決するためにはさまざまな人文ㆍ社会科学の幅広い背景知識を基盤とする工学的な接近方法が要求される実情である。また、未来の都市問題を事前に診断し予防するためには将来の都市パラダイムの変化に符合する21世紀が要求する未来志向的都市として発展させていかなければならない。このためには21世紀の情報革命社会の集積した知識と技術の融合や産ㆍ学ㆍ連ㆍ携の主体による伝統的な都市価値上に創造的な新しい都市価値と理念が結合した新しい都市発展のパラダイムを創出、具体化しなければならない。

仁川大学校 都市建設工学専攻はさまざまな都市問題を解決し人間中心的な21世紀の未来都市を研究する分野として工学的な接近方法(土地利用、都市空間構造、先端交通、都市生態、親水河川、緑色都市環境 など)や人文ㆍ社会科学的な接近方法(統計人口学、活動メカニズム、社会生態、都市文化、地理、ガバナンス など)を連携することで都市を総合的かつ体系的に研究する分野である。

21世紀が求める未来志向的かつ持続可能な都市価値を創出するためには知識基盤都市、知能都市、人本主義的都市、アメニティー都市、文化都市、ネットワーク都市、学習都市などの未来型都市の機能を融合した革新都市に発展しなければならない。したがって仁川大学校 都市建設工学専攻は今日の都市問題を解決し、21世紀の革新都市の融合パラダイムを具体化するための基礎知識や深化した専門知識を教育し新しい知識と価値を創出する分野である。

特に、仁川大学校 都市建設工学専攻は当面の都市問題を診断し解決することにおいて産ㆍ学ㆍ連ㆍ携を連携する集積された知識の融合過程を通じた学習システムを導入することで理論と実務に長けた都市工学人力を輩出する。これと同時に未来都市のパラダイムを達成するため21世紀の情報革命の主体として浮上したユビキタス(ubiquitous)技術を基盤とするユビキタス-都市、ユビキタス-交通分野に対する未来志向的かつ創意的な技術を開発/蓄積/教育することで今日、都市が抱えている社会、経済、交通、環境、持続可能性、断絶、そして文化の問題を未来志向的に解決し高付加価値の都市を創出する。

지역의 인재를 창의적인 세계의 인재로 키우는 대학!