仁川大学校

Utilities menu

GNB

 
홈 > 大学 > 都市科学大学

都市科学大学

都市科学大学は都市行政学科と都市環境工学部(建設環境工学専攻、環境工学専攻、都市建設工学専攻)、
都市建築学部(建築学専攻、建築工学専攻、都市設計専攻)で構成された。

紹介

都市科学大学は2010学年度に分離され、 都市行政学科と都市環境工学部(建設環境工学専攻、 環境工学専攻、 都市建設工学専攻)、 都市建築学部(建築学専攻、 建築工学専攻、 都市設計専攻)に構成されている。 多様で複雑な都市の諸般現象に関する現実的解決を目的にした実践学問を融合的に教育․研究する。 人間中心、 低炭素緑色成長、 先端技法の融合、 高品格デザイン、 ユビキタス都市体系構築などの持続可能な未来志向的都市を目指す時代的ニーズを満たすために、当面の都市問題を創意革新的に解決し未来社会に望まれるパラダイムをリードする都市の新しい価値創出を目指す。

沿革

2010. 03.
都市科学大学 分離設立 : 都市行政学科、 都市環境工学部、 都市建築学部
2008.09.
募集単位 名称変更 : 土木環境システム工学科 → 土木環境工学科
2002.10.15
的招生单位的配额调整:建筑工程系60名学生,建筑工程40名学生
2001.03.
募集単位 名称変更 : 土木工学科 → 土木環境システム工学科
2002.10.15 募集単位 定員調整 : 土木環境システム工学科 60名 建築工学科 40名
1977. 01. 10
仁川工科大学 設立認可 (2学科) :土木工学科 80名 建築工学科 40名 土木工学科 80名 建築工学科 40名

教育目的および目標

世界的都市発展の趨勢と特性を活用し, 仁川地域社会が目指す東北アジア国際都市を先導し、 世界の名品の、環境に優しい緑色成長を根幹とする未来志向的先端都市を構築する工学と人文社会が融合する新学問の殿堂として、次の3つの都市人を究極的な教育目標とする。

① 創意․革新的な都市専門家
→ 伝統学問の理論と融合する新しい学問的理論と実務を理解応用することで、急変する都市で発生する諸般都市問題に創意的に挑戦し革新的に解決できる都市専門家の養成

② 総合․体系的な都市管理人
→ 都市を主体にし包括するさまざまな学問的理解を追及することで、社会各分野で複雑且つ多様に発生する現代的都市問題を総合的かつ体系的にさまざまな職務を遂行することのできる都市管理人の育成

③ 先駆․奉仕的な都市指導者
→ 専攻分野の理論と実務を地域社会に接木する実務修習能力を強化することで、地域懸案の論議に積極的に参与、奉仕し地域社会問題の解決に先頭に立つ模範的かつ先導的な都市指導者の培養

지역의 인재를 창의적인 세계의 인재로 키우는 대학!