仁川大学校

Utilities menu

GNB

 
홈 > 大学 > グローバル法政経大学

グローバル法政経大学

法科大学は専門的な法曹を養成するため、
外国法科大学または大型法律事務所と交流を活性化している。

紹介

グローバル法政経大学は"あまり恩恵を受けて育った地域の人材を世界の人材に育成する"というINU松島ビジョンの教育理念を具現するために2016年3月に創設された。
グローバル法政経大学は2014年に着手した国策、教育の特性化事業の延長で2年間の緻密な準備の末に設立され、法学、行政学、政治外交学、経済学、貿易学の融合・複合を通じて学際的シナジー

沿革

2016. 02. 23
グローバル法政経大学 創立行事

教育目的および目標

仁川大学校の特性化された法学教育は「理論法学教育中心から実質法学教育中心」に転換し、 (1) 専門法曹人 養成, (2) 地域別 法律専門家 養成, (3) 東北アジア中心時代に備えた法律専門家養成という細部的教育目標を達成するための努力を集中している。

1. 専門法曹人 養成
わが大学校法科大学は専門法曹人養成という法科大学固有の教育目標を持続的に追求している。 法科大学を通じてすでに輩出された法曹人も7名以上に達し、彼らはその各分野で最善を尽くしている。 わが法科大学は現在「専門法曹人養成」という教育目標を達成するため「理論法学」のみでなく「実質(実用)法学」を教えている。ただし2016年まで過渡期的に維持する司法試験制度の下で、司法試験および軍法務官任用試験の試験科目をすべて履修科目として設定し教育しており、 第1次筆記試験(選択型)で必須科目を除く第1選択科目、 第2選択科目、 第3選択科目などで現実的に疎外されている科目を受講する学生が次第に少なくなってきている状況を打開できる方案として公務員試験および資格試験と科目を分析し講義開設科目の 細心な選別など総合的な力を注いでいる。しかし、法科大学は今大きな転換期を迎えている。ロースクール大学がオープンするにしたがい、ロースクール転換の機会を持つことができず現在と同じく学部次元の法科大学として残るようになった仁川大学校法科大学はこれからロースクールとの差別化をどのように図っていくかという課題を解かなければならない重大な時点にいる。
2. 地域別法律関連専門家の養成
わが大学校法科大学は専門法曹人のみでなく地域別法律専門家を養成することを特性化した教育目標としている。 これは2016年まで過渡期的に維持する司法試験および軍法務官試験をはじめとした行政高等考試、 外務高等考試、 地方高等考試、 裁判所行政高等考試、 立法高等考試、 地方高等考試、 7級․9級公開競争採用試験に備えた教育を実施している。 同時に弁理士、 公認労務士、 公認仲介士、 公認会計士、 法務士、 住宅管理士補、 鑑定評価士、 警察公務員、 税務士、 裁判所書記補、 海洋警察幹部候補生などになるための各種資格試験が準備できるよう教育している。
3. 東北アジア中心時代に備えた法律専門家の養成
わが大学校法科大学の特性化された教育目標の一つはすなわち東北アジア中心時代に備えた法律専門家を養成するところにあるといえる。 わが校が位置している仁川は地政学的条件を考慮してみるとき、中国をはじめとする東北アジア地域に進出するための橋頭堡として、世界経済および貿易の中心がアジアおよび中国に移動する現状況において大変重要な位置を占めている。このような視角から見ると、「仁川広域市という地域社会の発展をリードすることのできる指導的人材を養成すること」を教育目的としているわが校と、「一般国民と地域住民の権益保護と国家および地域社会の生産性を再考し, 民主的社会発展に貢献する国家および地域社会の指導者を養成すること」を教育目標としているわが大学校法科大学として、上の教育目標の達成は重要且つ大きな課題である. 法科大学は今大きな転換期を迎えている。 ロースクール転換の機会を持てず現在と同様な学部次元の法科大学はこれからロースクールとの差別性をどのように成し遂げるかという課題を解かなければならない重大な時点にいるのである。
これから法曹人になるためにはロースクールを卒業しなければならないため、学部法科大学を卒業した学生たちの進路問題が最も重要な当面課題である。 2016年までは過渡期的に法科大学卒業生も司法試験を受け法曹人になることができるが、それ以降は法曹人として進出することができないため、法科大学卒業後、大学院課程が設置された大学に進学し新しく導入された弁護士試験に合格してこそ法曹人になることができる。 したがって学生の立場から見れば、ロースクール入学を準備するか法科大学で学んだ法律的知識が活用できる地域に就業するか法学科関連の資格証を取得して社会に進出する道を探さなければならない。 わが法科大学もこのような方向で学生たちを指導していかなければならない。 その一環として法律知識を必要とする諸般地域に進出できるよう副専攻、 複数専攻制度を積極的に活用し国際通商、 経営、 社会福祉などの専門知識を兼ね備えた人材を育てることに努力しなければならない。法科大学は現在国際的な視角をもった人材を育てるため、外国大学との交流活性化を計画しており、 学生たちも外国語能力を培養し国際交流プログラムを積極活用できる準備を整えている。

学位課程

학과, 학사과정, 석사과정, 박사과정를 포함한 Degree 표
学科 学士課程 修士課程 博士課程 統合過程
Social Science 法学科
行政学科
政治外交学科
経済学科
貿易学科
지역의 인재를 창의적인 세계의 인재로 키우는 대학!