仁川大学校

Utilities menu

GNB

 
홈 > 大学 > 自然科学大学 > 消費者・児童学科

自然科学大学

自然科学大学では数学や物理学、化学などの基礎科学研究を通じて、
科学の人材を養成しています。

電話番号
: 032-835-8250
FAX
: 032-835-8357
位置
: 自然科学大学 415
ホームページ
: ccs_eng

紹介

1980年 家庭学科として認可を受け、1984年 家庭管理学科、2000年 生活資源管理専攻、2004年 消費者•児童学科に名称を変更して運営中にある。
\消費者•児童学科は消費者学、児童学、住居学の3つの専攻トラックで運営しており、各専攻の目標は次のとおりである。

消費者学
消費者学は消費者の福祉向上と健全な消費文化形成のため消費者と消費者を囲む環境に対し研究する学問である。

児童学
児童発達およびこれに影響を及ぼす環境要因に関して教育し、児童福祉の増進のためさまざまな領域で専門家として活動するのに必要な諸般知識と技術を習得することを目標とする。特に、家族構造および機能の変化にしたがい急激に増えている保育、児童相談および家族福祉サービスに対するニーズに応えることのできる専門人力養成に目標をおいて運営している。

住居学
人間のための安全で健康な生活環境を造成し、快適で便利な住居環境を維持保全し、エネルギーを効率的に使用して合理的に管理することを研究することで個人と家庭、社会生活や環境の質向上に寄与できる専門人養成を目標とする。地域と住居環境、住宅市場と住宅商品の多様化や変化に対する専門的な知識と研究を通じ、物理的•社会的•経済的な側面が複雑に検討されなければならない住居分野の専門家養成を目標とする。

仁川大学校 化学科は仁川大学が1979年1月、仁川工科大学として設立認可を受け開校した翌年の1980年10月、自然科学部内化学科として新設され、1981年3月 初の新入生40名が入学して出帆した。その後、1964年11月、大学院設立認可を受け、1965年、修士課程を新設し、1966年 博士課程を新設した。化学科は短い歴史と困難の中でもたゆまず発展し続け、特に1994年仁川市と周囲の大きな関心のもとに私立化を成したのち、諸般の教育および研究環境を大きく改善して多くの業績を成し遂げた。化学科は1985年、第1回卒業生を輩出して以降、現在まで1200余名の学士と80余名の修•博士を輩出し、卒業生たちは製薬会社などをはじめとするさまざまな化学関連企業、産業体と研究所に幅広く進出している。そのほかにも中•高校教師および塾など教育関連職種をはじめとして社会の要所のさまざまな職種で活発に活動している。
지역의 인재를 창의적인 세계의 인재로 키우는 대학!