仁川大学校

Utilities menu

GNB

 
홈 > 大学 > 人文大学 > 仏語仏文学科

人文大学

人文大学では国語、国文学及び外国語文教育を通じて民族文化と
世界の文化に対する多様な学問を教育する。

電話番号
: 032-835-8140
FAX
: 032-835-0756
位置
: 人文大学 5F 533
ホームページ
: uifrance_eng

紹介

情報媒体の発達と通信の革命により 世界がひとつの囲いの中にいるようになるにつれ、言語を含む他国に対する知識の必要性は日々増大しています。フランスとフランス語を通じ世界と出会い、自身の進路を開拓したい学生たちに必須的な知識と道具を習得させ有益な機会を提供することがわが科の基本方向です。これを念頭においてわが科の教育課程が作られました。1-2学年では概括的な文化的理解とともに社会活動の基本である言語教育、特に話すことと聞くことが重点的になされます。3-4学年は言語能力を深化する一方、文化と言語学を含むフランスの多様な文化や地域関連知識を涵養します。また、経済に関心のある学生たちにはフランスを中心としてヨーロッパの通商に対して学べるよう、連携専攻としてヨーロッパ通商学が準備されています。

言語と文化に対する知識を現場で練磨し活用するため、わが科は姉妹血縁を結んだフランスのオーリアン大学とアビニョン大学に毎年交換学生と短期語学研修生を派遣しています。これとは別途に学校で主管する海外体験ヨーロッパ地域公募に志願、選抜され多数のわが科の学生が毎年ヨーロッパを学んで帰ってきます。

フランス語と文化を体験するための学科の行事としては、秋に一年おきに施行される原語演劇公演や、詩とシャンソンの夕べがあります。学科が創立された1979年から一度も欠かさず開かれたこの祝祭は、学生と同窓すべての学びと出会いの場になっています。このように、多様な教育プログラムを通じてわが科が追求する目標とビジョンは明らかです。 実質的な言語活用能力を土台として、フランスに対する文化的、地域的知識はもちろん国際的眼目を持つ、時代が求める社会に寄与するフランス関連専門人力を養成することです。
지역의 인재를 창의적인 세계의 인재로 키우는 대학!