仁川大学校

Utilities menu

GNB

 
홈 > 大学紹介 > 総長室 > 総長あいさつ

挨拶

A better future! Hasipsiyo with University of Incheon

 ようこそ仁川大学校へ。皆様を心から歓迎いたします。

国立大学法人 仁川大学 总长   赵东成

 今日、我々は歴史上類例のない変化に直面しています。人工知能の飛躍的な発展や増強現実の構築など、科学技術は私たちの暮らしの中に多大な影響を及ぼしており、欧州連合からのイギリス脱退は世界の政治や経済の流れに大きな波をもたらしています。急変する時代の中でこのような変化を先導できる知識や人格を持った人材を養成することこそ今の時代が要求する大学の課題であり責任であると思います。

 仁川大学校は1979年私立大学として出発し1994年には市立大学へ、2013年からは国立大学法人として発展してまいりました。私はこうした変化を「私立仁川大1.0、市立仁川大2.0、国立仁川大3.0」と定めて今後仁川大学校100年の運命を決定するための変革の先頭に立ちたいと思っております。

 私は「時間から未来、空間から世界」というキーワードを掲げて世界の中心大学への跳躍を目指し仁川大学校を大きく発展させていきます。

 未来を見据えて、3つのバイオ分野、1つの工学分野、1つの人文・社会分野を各々の峰にして、仁川大学校を導いていく5つの峰に集中的に投資するつもりです。企業と連携したマトリックス型教育編制で就職機会を増やし、優秀な高校卒業生を誘致して大学発展の好循環づくりに力を入れます。

 統一に備えた統一教育プランを前もって用意し、ソンド(松島)国際都市にバイオクラスターを構築して世界の中心大学として跳躍するための踏み石を強固なものにしていきます。

 これによりグローバル時代の変化を受け入れ予測し未来社会を主導できる力量のある人材を育成し世界の標準を主導する「I-SKYブランド」を創造していきます。

  未来と世界の中へ跳躍する仁川大学校に皆様の関心と参与、叱咤激励をお願い申し上げます。皆様と共に「国立仁川大3.0」を作っていきます。どうもありがとうございました。

国立大学法人仁川大学校
総長   チョ・ドンソン

지역의 인재를 창의적인 세계의 인재로 키우는 대학!