仁川大学校

Utilities menu

GNB

 
홈 > 大学紹介 > 紹介 > 紹介

紹介

如今,学院和仁川大学的学校
国立大学已发展成到来。

2009年9月 国際都市 松島に移転した国内唯一の総合大学である仁川大学校は松島国際都市の4工区45万m²の敷地に延面積21万m²規模で総事業費4,047億ウォンが投入され、テーマパーク型、環境親和型、インテリジェント型、使用者中心型に完成され大学本部と人文館、工学館、図書館などの尖端施設を備えた建物29棟があり知識のゆりかごとして誕生しました。

松島は外国の有数な大学はもちろん研究機関などが入る予定で今後IT、BT、NT分野など先端産業や国際ビジネスのハーブとして成長する予定で、このような松島の中心部に位置する仁川大学は入居機関との共同研究や協力を通じ松島国際都市に必要な関連先端産業やビジネス分野の人材養成に主導的役割をすることでしょう。

仁川大学校は2010年3月、2つの市立大学を統合してグローバルキャンパスの構築や国立大学の法人転換で教育と研究において世界的に著名なアメリカの国策研究所であるローレンスバークリー研究所分院の誘致をはじめとしてロシアのサントペテルク大学、イギリスのポリマス大学、ベルギーのゲント大学などの外国大学および研究所の誘致を通じて名実ともに国際的かつ世界的な競争力を持つ大学として跳躍することでしょう。

仁川大学校は地域開発をリードする大学としてグローバルな人材養成を目標に準備されたINU VISON 2020を樹立、選択と集中による投資を通じて大学の競争力を画期的に改善しています。地理的特性や地域的特色に合わせて国際通商および物流分野の応用技術の融合分野、BNT基盤の生命科学分野、都市化学分野、中国学を中心とした地域の人文学分野を集中育成していきます。

지역의 인재를 창의적인 세계의 인재로 키우는 대학!